中小企業金融円滑化法 終了 対策

自転車操業をしている中小企業は
銀行からお金を借りたり貸したりを繰り返しています。

 

当然、不況で返せない方も出てきました。
「返せない場合はちょっとづつでもいいからお返しする」

 

というのが金融円滑化法でした。

 

そもそも金融円滑化法とはモラトリアム法ともいいます。

 

2009年12月にリーマンショックで景気が悪くなってきたときに
当時亀井さんが金融担当大臣のときに

 

「厳しい環境下の中小企業、零細企業を救いましょう」

 

という目的で制定された法律でした。

 

主な対象は2つあります。
中小企業と住宅ローンをかかえた個人の方でした。

 

その返済条件を変更する努力義務でした。
2011年3月までの2年間の法律でしたが、
2010年にまだまだ景気はよくないので1年間延長しました。

 

2012年3月にのびたのです。
ところが2011年の3月に東日本大震災が起こりました。
「このままでは景気が回復しない」
ということで2013年の3月末まで再度延長したのです。

 

麻生大臣は「もう金融円滑化法は延長しない」と明言をしました。

 

その通知も金融機関に出ている状態です。

 

対策はどうしたらいいのでしょうか。