競売 任意売却

住宅ローンを払えない理由はなんでしょうか。

 

退職金が減った
不景気で収入が減った
病気で働けない
ステップローンなどで無理なローンを組んでしまっ
離婚をした旦那が慰謝料としての住宅ローンを払わなくなった

 

住宅ローンの支払いができなくなった理由はさまざまです。

 

住宅ローンを支払えなくなると、
いろいろな難しい通知がきます。
(催告書・期限の利益の喪失・競売通知書などです)

 

これらの書類がきても、何もアクションをしないと
競売は強制的に自宅が売られてしまうことになります。

 

競売か任売か

 

任売は自分の意思で債権者の同意を得てふみ倒しすることです。
オーバーローンなどの場合がほとんどです。

 

一方、市場の5割から7割の安い値段がつくのが競売です。
都市部では最近は多少、値が上がっていますが
地方では相場の5割から7割なので
住宅ローンを払えない人にはものすごい借金が残って終了します。

 

競売の申立て費用や遅延損害金などの費用も発生します。
その結果、競売だとより多くの残高が残ります。

 

任意売却もせずに、流れるままに競売にいった人は支援も受けられません。
強制退去になってしまいます。

 

自宅の写真を外から取られる

 

競売関係者から外から写真を取られたり、
家にいる主婦やお子さんの精神的なものを気にされる方が多いようです。
不動産業者が写真をみて入札するからです。

 

「あそこは人が住んでいますか」
「中に住んでいる方はどうですか」

 

周辺の家庭に聞き込みをして回る悪質な業者もいます。

 

「あそこの家は経済的に危ないのではないか。」

 

と思われ、特にお子さんがおられる家庭は気にされる方も多いようです。

 

入札の間際になると一般に完全公開されるので
当然、近所の方はなんとなくわかってしまうのが競売です。

 

 

執行官が公開する現地調査報告書の調査の経過

 

外観調査(写真撮影)

件外土地投機記事項証明書受領

管理費等照会

立入調査(写真撮影)

所有者と面談

期間入札へ

 

 

任意売却の場合は近所に気づかれない

 

返済に困った末の売却だと近所に気づかれなず、
任売の場合は普通の売却と変わりはありませんので
普通の引越しとしてみられることも可能です。

 

また、相場に近い価格で売れることも多いです。
(競売の場合は相場の5割から7割でしか売れないことも)

 

競売の申立て費用をとられる前に任売を成立してしまえばかからない

 

引越し費用も任売の場合は間に専門家が入って交渉するのが普通です。
(競売の場合はそもそも引越し費用はでません)

 

強制退去に比べれば、明け渡しの時期なども
「お子さんの都合で3月の春休みに引っ越したい」
など調整することもできます。

 

結局、競売の方が安く上がり、近所の目も気にすることなく引っ越すことができます。

 

>>それでも、結局家を残したい場合はこちらを参考に