離婚 連帯保証人 変更

夫がローンを支払う義務があり、妻が連帯保証人にサインしている。

離婚することになったけど、連帯保証人を夫にできるのでしょうか。

 

そんな疑問もあるかと思います。

 

そもそも妻の連帯保証人は変更できるのか

 

通常、住宅ローンが完全返済された時点で、
連帯保証人が解除されます。

 

ローンの途中で連帯保証人を解除するのは難しいと考えてください。

 

それでも方法はあります。

 

土地など固定資産を担保にする

 

金融機関が納得する証拠が必要です。
それは住宅ローンの残高に相当する資産です。
資産を担保にすればよいです。

 

他の連帯保証人に変わってもらう

 

一定以上の収入があれば、連帯保証人を変更してもらうことができます。
しかし、身代わりといってはなんですが、親族であってもかなり難しいと思われます。

 

住宅ローンの借り換えをする

 

夫婦合算の年収で住宅ローンを組んでいませんか。

 

ローン残高が夫一人の収入で借り換えをできる可能性があります。
借り換えをすることができれば、妻の連帯保証人は消滅します。

 

家が売れるならば売却することも視野に

 

家が売れて残ったお金で解決できればスッキリします。
築年数が浅ければ、思ったより高く売れることもあります。
↓↓↓

 

>>このようなサイトで査定をしてみられてはいかがでしょうか。

 

残高以下の査定ならば絶対に売ってはいけません。