任意売却の費用

基本的には手元のお金がなくても可能です

 

不動産会社が間に入りますので
不動産屋の手数料は債務者の残債に乗っかります。
つまり、手数料を後払いするのが任売です。

 

1000万円の借金が残った場合には
+手数料分が乗っかります。

 

結局は分割で支払うことになりますが、
今のお金がなくても大丈夫なのが任売です。

 

「できれば早く売り飛ばしたい」不動産屋さんのホンネ

 

高く売れるかどうかに関わらず、
任意売却で集客しているのは不動産屋です。

 

任売となれば

 

「売りましょう。売りましょう。」

 

というケースが多いようです。

 

しかし、不動産屋のデメリットはできるだけ高く売れるよりも
できるだけ早く売り飛ばしたい!というのがホンネです。

 

いくらで売れたかは不動産屋には直接関係しません。

 

不動産屋はある程度地域の対応しかできないケースが多い

 

地域に特化した不動産の情報には詳しいのが不動産屋さんです。
しかし、全国地域での情報は大手でない限り少ない現状です。

 

また、任売には不動産の知識だけでなく、法律家、士業事務など
複数の専門家の知識が必要になります。

 

メンタル面も考慮してくれるのが全国個人再生支援機構

 

家を売るにはさまざまな葛藤があります。

 

近所に知られたらどうしよう。
子供のことを考えたら気が重い

 

多くの悩みの電話窓口から現状をもっとも理解してくれるのが個人再生機構です。

 

よほどの過疎地でなけでば対応できるよです。
任売となれば売りましょう売りましょうというケースが多いですが、
生活を立て直す全体像を提案してくれるそうです。

 

さらに、

「できれば家を売らずに残したい」

 

という方にも、投資家に買ってもらって家賃を払い続けるという
選択肢も全国個人再生支援機構で提案してくれます。。

 

不動産屋は「早く売り飛ばしたい」のがホンネです。

 

いろいろな処置ができるのが全国個人再生支援機構です。

 

super_728_90.jpg
>>全国個人再生支援機構の詳細はこちら